2007年02月26日

レギュラーシーズンの1試合にすぎないけど…

どうも、よしくんです。
 
今日も一応、研究室へ行ってきました。
そんでもって、野暮用を済ませてさっさと帰ってきています。
 
明日は明日で用事があるので、、、
さすがに、明日は研究室には行けないような気がしますが…
 
 
そんなこんなで、、、
 
今日の話は、またまたバスケットの話。
 
 

【NBA】ブルズB.ウォレス、昨季までの本拠地で手荒い歓迎を受ける

2007年2月26日(月) 16時30分 ISM
 
 

  現地時間25日、シカゴ・ブルズは敵地パレス・オブ・オーバーンヒルズで、デトロイト・ピストンズと対戦。残り2.2秒でクリス・ウェバーに決勝シュートを決められ、93対95でセントラル地区のライバルに敗れた。

 6年間ピストンズで過ごしたベン・ウォレスは、昨年のオフシーズンにブルズへ移籍。ピストンズ時代には2004年にNBAファイナルを制覇。ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーは4度受賞している。この試合はブルズのユニホームを着て、昨季までの本拠地に戻ってきた最初の試合となった。観客はウォレスがボールを持つ度にブーイングという手荒い歓迎を見せる。第3Qにテクニカルファウルを受けた際には、この試合最大の歓声があがった。「予想はしていたよ。自分にブーイングしたい人がいると思っていたからね」とウォレスは試合後話している。この日は6得点、8リバウンド、2ブロックという成績に終わっている。

 ブルズは第4Q残り1分50秒で86対93とピストンズにリードされる。ここからベン・ゴードンが連続7得点を奪い、残り15秒で同点に追いついた。しかし、残り2.2秒にウェバーにリバウンドを押し込まれ勝ち越される。最後のゴードンの逆転を狙ったスリーポイントシュートはリングにはじかれた。

 ピストンズはリチャード・ハミルトンが22得点、チャンシー・ビラップスが15得点、9アシストをマーク。この勝利で4連勝とし、最近12試合で11勝と好調をキープしている。

 
 
13:00ET 開始 [ 試合終了 ]
ピストンズ
ピストンズ
合計 合計
ブルズ
ブルズ
95251st2793
202nd26
223rd16
284th24
リチャード・ハミルトン(22)
クリス・ウェバー(21)
チャンシー・ビラップス(15)
上位得点者
()内の数字は得点数
ベン・ゴードン(21)
P.J.・ブラウン(19)
ルオ・デング(18)
テーション・プリンス(9)
クリス・ウェバー(9)
ジェイソン・マクスィエル(7)
上位リバウンド者
()内の数字はリバウンド数
P.J.・ブラウン(12)
ベン・ウォレス(8)
ルオ・デング(8)
観客動員数 22076人

 
Yahoo! スポーツ NBAより) 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

この試合は、全米中継された注目の一戦です。 
両チームにとっては、レギュラーシーズン82試合のうちの1試合に過ぎないけど、、、
 
 
でも、やっぱり、この試合の注目度は高いと思う。
 
だって、去年までピストンズに所属していたベン・ウォーレスが、
ブルズ移籍後、初めて古巣デトロイトでの試合だったのだから、、、
 
予想通りとはいえ、、、
やっぱり、お客さんからはブーイング一色だったみたいですね。
 
FA移籍をした選手の古巣での凱旋試合では、まずブーイングになりますね。
シャック(現マイアミ・ヒート)も、オーランド・マジックからLA・レイカーズに移籍して、初めてのオーランドでの試合は、ず〜っとブーイングが鳴り響いてたし、、、
 
別に、FA移籍だけに限らず、トレードで移籍した選手も
凱旋試合でブーイングに晒されることは普通にあります。
 
たとえば、ヒューストン・ロケッツのT-Mac。
オーランドでの凱旋試合はず〜っとブーイングだったし…
そのT-Macが、トロント・ラプターズからマジックに移籍したときも
トロントでの凱旋試合では、ブーイングだったし…
 
そこで、気になるのが、、、
デンバー・ナゲッツのアレン・アイバーソン。
彼は、シーズン途中にフィラデルフィア・76ersからトレードで移籍したけど、、、
フィラデルフィアでの凱旋試合では、どのように迎えられるのでしょうか???
 
残念ながら、フィラデルフィアでのナゲッツ戦は、
アイバーソンの移籍前にすでに終わってしまってるため、、、
今シーズン、ナゲッツがフィラデルフィアで試合をすることはありません。
 
来シーズンのフィラデルフィアでの「ナゲッツ vs 76ers」は注目ですね。 
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そろそろNBAのシーズンも後半戦。
 
どの強豪チームが、プレーオフでどのシードに入るのか???
プレーオフ当落線上のチームのサバイバル・ゲームでは、、、
どのチームが生き残って、プレーオフに進出するのか???
 
去年のチャンピオン、マイアミ・ヒートは連覇を達成できるのか???
それとも去年のプレーオフに、ヒートに敗れたピストンズやダラス・マーべリックスがリベンジするのか???
 
本当に楽しみですね。 
 
posted by よしくん at 17:56| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34731037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。