2007年08月14日

「頑張ってねぇ!!」

どうも、よしくんです。
久しぶりの日記更新です。

ここ数日は、久しぶりにミクシィ日記を更新しました。
友達ってゆ〜か、仲間に訴えたい内容も少しは書いてみたのですが、、、
「やっぱりねぇ〜」って感じです。
きっと、大半の連中には伝わっていないわ、あれ。

 
まぁ、ちょっとした愚痴はそんな程度に止めておいて、、、
今日の話題は、タイトルの通り。


僕の友達も、そして僕も、、、
ミクシィ日記にコメント書き込んだときや、メールで激励するときって、、、
大抵の場合、メッセージのどこかで(通常、最後に)、

『頑張ってねぇ!!!!』

って書かれることが多いし、自分もついつい書いてしまう。


でも、正直なことを言うと、、、
僕は、この「頑張って!!」って言葉は好きじゃない、むしろ嫌いです。


ただ、自分のエネルギーレベルが非常に高いとき、、、
つまり、自分が元気だと感じてるときは、
「頑張れよ」と言われたところで、別段、何とも思いません。
むしろ、『さぁ、やってやろうじゃねぇ〜か、このヤロウ!!!』っていう気分のときも、、、

でも、常に元気な状態であるとは限らない。
普通の状態のときや普段以下の調子のときに、友達や上司に「頑張れよ。」とか言われると、、、

  ○ “えっ!? 今までの自分って頑張っているように見えなかったのかよ!?”
  ○ “さらに頑張れって、どんだけ頑張れば良いんだよ!?”

そんな気分になってしまう。


そういえば以前、自分が鬱状態になったとき、、、
ネットでうつ病の情報を手当たり次第、調べに調べた時期があった。
そこで、こんな注意書きを見つけた。

『うつ病、うつ状態の人に対して、「頑張れ」と激励するのは逆効果である。』

どうやら、うつ病になりやすい人って、、、
無理をしてまで頑張ってしまう人が多いらしい。

他に、出版されてる文庫本にも
『頑張れ』という言葉に対して、否定的な意見が述べられてるものも決して少なくない。
僕も今までに、そんな本を何冊か読んでいる。



確かに、『頑張って』という言葉は、
激励する手段として最も手っ取り早いものの1つだと思う。
それに、響きがとってもポジティブに聞こえる。

でも、この『頑張って』という言葉は、、、
受け取り人の精神状態によっては、かえって苦しめてしまうような、追い込んでしまうような、
かなり危険な言葉であるのかもしれない。

実際に、ここ数日間の自分の精神状態で、
友達の誰かから、『頑張って!!!』って言われると、きっと、ウンザリしてしまうだろうね。
そんだけ自分は普段から『頑張ってる』つもりだし、、、
(自分も他人も、普段はあんまり評価していない節も見られるけど)

それに、『頑張れ』という言葉は、
自分自身としてはあんまり言われても嬉しくない言葉だしねぇ。。。
(特に、自分の元気の無いときにはね)


まぁ、とにかく、、、
今後は、『頑張って』という言葉を使うときは、
できるだけ気をつけたいと思います。
そ〜だなぁ、、、例えば、別に表現に変えてみるとかねぇ。。。

posted by よしくん at 22:51| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。